このまちに新しい風をミックス 安心して子育てできるまちに…

寺子屋教室

日付:2014年08月09日 カテゴリ:ボランティア活動

 

 8月4日(月)〜8日(金)まで、奈良県自殺対策事業モデル地区である下北山村で寺子屋教室が開催されました。
 
 下北山村には高校がなく、子どもたちは中学校を卒業すると必然的に「ふるさと」である村を離れることになる。そして彼らは住み慣れた村を離れた後の生活で、多くの困難や葛藤に対峙しなければならない。その辛さを感じた時、ふと「ふるさと」の山や川、そして友達を思い出すことができ、そのような困難に打ち勝つことができたら良いのではないだろうか。寺子屋教室事業はそのようなレジリエンス(困難に打ち勝つこころのしなやかさ)を養うことを目的としている。

 今年で4回目ですが、毎回スタッフとして関西大学院生が参加しており、この事業の成果として、心にゆとりができ、集中力が養われ、学習することが楽しくなり学力も向上しているそうです。
 私も1日だけ(1日といっても、往復6時間弱かかるのでほんの数時間ですが・・・^_^;)参加しましたが、自然と触れ合い、心のゆとりをつくり、たくましく生きる力を養っている子どもたちの楽しそうな姿には驚きました。 
 
 たくさんの子どもたちにも、自然とふれ合って心の豊かさを養ってもらえたら・・・と、私たちが運営している“リージョナル ネット”では、9月にレジリエンス・キャンプin下北山村を開催します。 

活動報告一覧に戻る

このページの先頭へ